はじめてのポルシェ中古車の買い方

はじめてのポルシェ中古車の買い方

ポルシェ964
※駐車場問題で悩んでいるうちに買われてしまったポルシェ964


このブログでも以前に書いた「はじめてのポルシェ中古車の選び方」が思ったよりも多くの方々に日々アクセスされ、読まれているていることが分かりました。

そこで、続編として「はじめてのポルシェ中古車の買い方」についても書いてみたいと思いました。で、いきなり結論から先にお伝えすると。

欲しいと思ったヤツ(ポルシェ)に出会ったら、
いますぐ買え


予算の問題、家族への説明(特に奥さん嫁さんへの説得)、駐車場の問題、維持管理費用、世間の目(会社の上司)など買えない、買わない理由は置かれている状況によってそれぞれあるかとは思います。

僕の場合は、駐車場が確保できなかったのと、維持管理費用について正確に把握できていなかったため非常に大きな不安がありました。まず、駐車場は近くに月極めの駐車場がいくつもあったのですが、防犯上の観点から一番立地のよい立体式の駐車場を確保すべく管理会社の不動産屋へ2年ちかく連絡し続けましたが、結局タイミングがあわず借りることができませんでした。

そして空冷エンジンモデル最大の恐怖になるかもしれませんが、年間の維持管理費用がまったく分からない。車両本体については無理のないキレイなローン計画を立てることができますが、予測できないオイル漏れに代表されるメンテナンス費用に一体どれくらいかかるのか。

いちばん大きいエンジンオーバーホール費用が100万~150万としても、車検やその他の通常メンテナンスにどれくらいの費用がかかるのかとか。もう、考えれば考えるほど買わない、買えない理由はいくらでも出ます。

先輩ポルシェオーナーさんのブログをいくつも調べ、リサーチはしましたがそれぞれのオーナーさんの状況や環境が自分とは異なるのでほとんど参考になりません。今、ポルシェ993のオーナーになってはっきり言えるのは、正確な情報はネット上でも、非常に少ないということです。

たとえば、年間の維持管理費用。ネットの掲示板では車検だけでも50万~100万もするなんて書いてあり、どれが正確な情報なのか判断がつかないです。実際の車両の状況、交換部品の劣化状況について「信頼できるメカニック」が判断しないと車検費用ひとつとっても正直わからないというのが本当のところです。ちなみに、部品交換なしオイル交換だけの車検なら20万前後です。

そのため「信頼できる空冷ポルシェ専門店で購入」っていうのが薦められていますし、信頼できる空冷ポルシェ専門店に「欲しいと思ったヤツ(ポルシェ)」が予算条件含めて見つかれば本当にベストだとは思います。でも、そんな状況はレアなんです。

僕の場合も、信頼できるであろう空冷ポルシェ専門店に条件含めて満足のいくポルシェ964をみつけました。ですが、駐車場確保の問題で悩んでいるうちに他の方に買われてしまいました。けっこう、こういう人が多いんだとか。

それから、今の1994年式のポルシェ993に出会うまで1年以上もかかりました。まあ、あのポルシェ964を買っていたら、今のポルシェ993は買えなかったわけで、結果からいうとよかったんですけれどもね!


ポルシェ911カレラの買い方&選び方【動画版】



↓↓↓
「はじめてのポルシェ中古車の選び方」
「はじめてのポルシェ中古車の購入後」


関連記事
スポンサーサイト




Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する