レザーシートの劣化

レザーシートの劣化


ポルシェ993_レザーシート_2014


内装の補修はショック交換の後になるとは思うのですが、内装のレザーシートも運転席、後部座席に補修が必要な状態です。助手席はレザークリーニング程度で問題ないようです。

ドライブする分には何ら支障はないのですが、やはり毎回みえる箇所でもあり気になると気になりはじめるところですね。エンジンやミッション系が順調で足回りが終われば、取り掛かりたいところです。

内装メンテナンスの専門店で見積もってもらったところ、レザーシートについては補修と張替えの二つの方法があるそうです。

補修はクリーニングと組み合わせてレザーの使用感を程よく残しながらキレイにするという方法。張替えは本国ポルシェから交換用のパッケージ品でまるごと交換する方法。補修はシート毎で65000円、交換だと120000円だそうです。

運転席は補修、助士席はクリーニング、後部座席は劣化がひどいため交換というプランを提案してもらいました。一度にやると結構な金額になるのでまずは運転席、助士席をやってから、余裕ができたら後部座席。まあ、それでも来年以降のスケジュールですが。

今回、見積もりをお願いしたのは神奈川にある内装メンテナンス専門のクレバートリックさん。訪問したときもフェラーリやメルセデスなど名車のメンテで忙しそうでした。

クレバートリック
http://clevertrick.jp/


関連記事
スポンサーサイト







Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する